作用機序

リトドリンの作用・副作用

切迫早産の治療薬として用いられるリトドリン。その作用と副作用についてまとめてみました。 これまで産婦人科の門前で働いてましたが、知識が抜けないよう復習の意味で記事にしました。奥さんも張りが出てきたので知識の整理目的もあります。 リト...
作用機序

β刺激薬やインスリンでカリウムが低下する機序〜バセドウ病で周期性四肢麻痺となる機序〜

「β刺激薬で低カリウム血症!」「バセドウ病は周期性四肢麻痺!」と1対1で丸暗記していませんか? 一度機序を学ぶと、試験本番や臨床現場でも自分で導いたり考えたりすることができるようになります。 β刺激薬でカリウムが低下するメカニズム ...
作用機序

妊婦にアスピリンが処方されていたら何を考える?

妊婦さんの処方箋を見たときに、鎮痛剤が処方されていると少し警戒してしまいます。 なかでもアスピリンに関して記事にしてみました。 アスピリンは用量で主となる作用が異なる 100mg程度の低用量では、主に血小板のCOXを阻害し、血小板...
勉強法・覚え方

治療と繋げると選択肢を吟味できるし覚えやすい

一般問題では単純な知識を問われることが多いですが、治療でどのように使っているかを思い出しながら解くと消去法でも戦うことができます。 国家試験問題で理解度をチェック! 第101回薬剤師国家試験 問41 消化管からの吸収率が最も高い薬...
循環器

高血圧と狭心症の患者にはどの降圧薬を使うか

循環器内科の教授に聴きました。循環器の一番わかりやすくて的確な参考書はガイドラインだそうです。 病態と薬の作用をリンクさせているか 日本心臓財団 高血圧治療ガイドライン・エッセンスより引用 病態と薬の作用をリンクさせると理解し...
作用機序

腎動脈狭窄でACE-I・ARBが慎重投与な理由

意外と知らない人も多いみたいなので記事にしてみました。 解剖・生理の復習 より引用 糸球体に入ってくる動脈を輸入細動脈、出ていくものを輸出細動脈といいます。 緻密斑でCl-の低下(NaCl低下)を感知すると、傍糸球体装置...
ゴロ合わせ

脂溶性ビタミンの覚え方・ゴロ

脂溶性と水溶性ビタミンを覚えると、過剰摂取となるかどうかが判断できるようになります。 それ以外にもメリットがありますので覚え方をご紹介します。 脂溶性ビタミンは4つだけ! 「4つだけ」ビタミンD、A、K、E 4つ:4つあ...
呼吸器

喫煙がリスクとなる疾患と覚え方

喫煙がリスクとなる疾患についてまとめました。 これらを覚える時には共通するメカニズムを探すとすんなり入ってきやすいです。 一覧 国立がん研究センター がん情報サービスより引用 <煙の通り道> 悪性腫瘍………咽頭...
作用機序

制吐薬(吐き気止め)の作用機序と使い分け

吐き気どめって種類が多くてわかりにくいですよね。 まずは嘔吐の生理的メカニズムを一緒に復習していきましょう。 嘔吐の病態生理と各制吐薬の作用機序 「がん患者の消化器症状の緩和に関するガイドライン2011」よ...
ゴロ合わせ

抗菌薬のスペクトラムの覚え方

抗菌薬のスペクトラム。初学者の難関ですよね。 おおまかにでもわかるように記事にしてみました。 抗菌薬から見てみる 系統 特徴・スペクトル ペニシリン系 グラム陽性菌 セフェム系 グラム陰性...
タイトルとURLをコピーしました