「 医療従事者に必須の知識 」 一覧

制吐薬(吐き気止め)の作用機序と使い分け

吐き気どめって種類が多くてわかりにくいですよね。 まずは嘔吐の生理的メカニズムを一緒に復習していきましょう。 嘔吐の病態

抗菌スペクトルの覚え方

抗菌スペクトル。初学者の難関です。 おおまかにでもわかるように記事にしてみました。 抗菌薬から見てみる 系統 特徴・スペ

グラム陽性球菌(桿菌)・グラム陰性球菌(桿菌)の覚え方やゴロ

2月12日はペニシリンの日だそうです。イギリスのオックスフォード大学附属病院が、世界で初めてペニシリンの臨床実験に成功し

抗菌薬の系統・排泄経路・副作用の覚え方やゴロ

抗菌薬って難しいですよね。よく質問されるので記事にまとめてみました。抗菌薬の排泄経路を覚えておくと、投与量調整や禁忌なの

間質性肺炎(薬剤性肺障害)リスクの高い薬剤のゴロ

薬剤性肺障害とは、薬剤を投与中に起きた呼吸器系の 障害のなかで,薬剤と関連があるものと定義されています。 最もイメージし

バイタルサインの取り方・OSCEの対策

薬剤師として在宅訪問をしていた時にバイタルサインをとっていましたが、医学部のOSCEでも身体診察の手技が問われました。

薬剤師は医師国家試験を使って勉強するといいかも

薬剤師も医師もそれぞれの薬剤に特徴的、重要な副作用を覚えなければならないのですが、薬学生の時は副作用のイメージが湧かず覚

褥瘡の病期と治療薬〜基材の性質から〜

慢性期病棟や在宅など褥瘡に遭遇する場面があると思います。臨床的にも重要なため、国家試験でも問われやすいところです。 医師

薬の副作用を調べたい時にどうするか

薬剤師という肩書きを持っている以上、薬の副作用には敏感です。 患者さんや医師からの「この薬でこんな副作用ありますか?」と

メトホルミンとヨード造影剤

国家試験でも超頻出のこの相互作用。 これだけ出題されるのは当然現場でも注意を要するためです。 併用するとどうなる? メト