消化器

下剤の違い・使い分け

よく使われる下剤。どう違うのでしょうか。 下剤の分類 大阪府保険医協会・勤務医フォーラム 下剤は、浸透圧性、刺激性、その他に大きく分ける。 基本原則として、1st choice...
腎臓

経口カリウム製剤の違い・使い分け

備忘録として残しておきます。 経口カリウム製剤の違い 福岡県薬剤師会 カリウム製剤間の換算は? ◯違い 塩化カリウムと有機酸(アスパラギン酸やグルコン酸)カリウムに大別できる。 違いは、...
消化器

大腸内視鏡前処置(腸管洗浄剤)の違い・使い分け

備忘録として残しておきます。 違い ◯洗浄力 サルプレップ・モビプレップ・ニフレックが高 く、ピコプレップ・ビジクリアは弱い ◯味 腸管洗浄剤の味が苦手☞ビジクリアが適している ...
スポンサーリンク
消化器

PPIの違い・使い分け

備忘録として残しておきます。 PPI一覧 ◯第1世代 オメプラゾール(オメプラール®︎) ランソプラゾール(タケプロン®︎) ◯第2世代 ラベプラゾール(パリエット®︎) エソメ...
おすすめ書籍

研修医おすすめの本

先輩方や上級医の先生方からお勧めいただいた書籍を紹介します。 研修医として特に必要となってくるのが、レントゲン、心電図、輸液、抗菌薬、各科で用いる薬の知識だと思っていますし、実際にそう痛感しています。 ...
ゴロ合わせ

1〜5類感染症の覚え方・ゴロ

どの感染症が何類なのか、いろんな国家試験で問われますよね。覚え方やゴロをご紹介します。 それぞれのゴロが、何類だったかも覚えやすいようにゴロを作りました。 1類感染症 1番嫌なのはまくらへ納豆ぺっ ...
ゴロ合わせ

カリウムの基準値、カリウム製剤の投与速度、濃度、投与量の覚え方・ゴロ

これは薬剤師国家試験でも問われますし、研修医になって輸液を処方する上でも必須となる知識です。 血中カリウム濃度の基準値のゴロ K:3.6〜5.0 三浪は困る カリウム製剤の速度・濃度・投与量のゴ...
耳鼻咽喉科

鼻出血の際のボスミンガーゼの作り方

救急外来で鼻出血を主訴に受診される患者さんを連続で経験しました。その際によく使われるボスミン・キシロカインガーゼの組成を備忘録として記載しておきます。 作り方 ボスミン®︎(一般名:アドレナリン)のα1作用(血管収縮)による止血と、キシ...
医学部学士編入

薬剤師が医師になったら

薬剤師から医師になって経験したことを書いています 頼りにされる 指導医の先生や、看護師さん、患者さんに薬剤師をしていたことを話すと信頼してもらえて、話しかけられることが増えました。 ある科では指...
医療従事者に必須の知識

薬剤師は処方前に介入すべき

ポリクリなどで外来見学をさせてもらう機会があります。その際、薬剤師は処方前に介入した方が医療がスムーズに回ると感じました。 薬剤師は処方前に介入するとスムーズかも? 外来にて 外来では指導医の後ろに...
タイトルとURLをコピーしました