研修医おすすめの本

スポンサーリンク
おすすめ書籍

先輩方や上級医の先生方からお勧めいただいた書籍を紹介します。

研修医として特に必要となってくるのが、レントゲン、心電図、輸液、抗菌薬、各科で用いる薬の知識だと思っていますし、実際にそう痛感しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

内科レジデントの鉄則

これは全ての初期研修医が買うべき本だと思っています。いろんな症候、疾患、病棟管理の肝心なことがまとまっています。

まずざっと鉄則を見て、次に症例での確認問題を解くという形式で進みます。

実際の診療→この本→実際の診療というふうに行ったり来たりすると、現場でなぜ上級医がああ言っていたかが納得でき、非常に有意義な学習ができます。

研修医のための内科診療ことはじめ 救急・病棟リファレンス

感染症、呼吸器、循環器、消化器、神経、腎臓、内分泌代謝、血液、筋骨格・免疫のパートごとに診察や検査、各薬剤の使い分けがまとまっています。

2022年に発売されたばかりなのでまだレビュー数が少ないですが、私はこの本があって調べる時間が圧倒的に短くなりました。

総合内科病棟マニュアル 疾患ごとの管理

実際に循環器や呼吸器を回った際にものすごく重宝した一冊です。

疾患ごとのチェックすべきポイントが数ページでまとめられているため、救急から上がってきていきなり担当となった患者さんの検査や治療プランが立てやすくなりました。

最新のガイドラインに沿って記載されているため内容もしっかりしています。

レジデントのための感染症診療マニュアル

他の抗菌薬の本と違って読みやすさはないですが、調べ物をする際にはこれが一番です。なのでこれは電子書籍がいいかも。

何を持って感染症とするのかが記載されている第1章の感染症診療の基本原則はすべての研修医が読むべきと教わりました。

日本の抗菌薬の承認された用量は少なめなので、添付文書ではなくこれを見て投与量を決定しています。

これを読んで、尿培養でカンジダが検出された時の対応を思い出すと今でも恥ずかしくなります。日々勉強です。

救急外来 ただいま診断中!

これは医学生の時に国家試験問題の対策として買いました。

各症候ごとに診療の際のポイントがとてもわかりやすく記載されており、文章も読みやすく通読が苦になりませんでした。

症例が提示されているので理解度をチェックしやすく、また検査の感度・特異度も記載されているので大変勉強しやすい一冊でした。

レジデントのためのこれだけ輸液

輸液の導入の本として素晴らしい一冊です。

具体的に何を何mL/hで行くのか記載されていてイメージが湧きやすく、また電解質や利尿薬についても記載されていて学びが多いです。

カラーで図も多用されており、非常に読みやすく、著者は予備校講師もされているので論理に走り過ぎず、簡潔にまとめられているのはこの本の特徴です。

レジデントのためのこれだけ心電図

上の輸液の本と同じ著者の本です。

これは医学生の時に購入しました。心電図に苦手意識のある方すべてに適しています。

心電図の付け方やそれぞれの不整脈の際の初期対応も具体的に書かれているので非常にわかりやすく導入に最適な一冊です。

レジデントのためのやさしイイ胸部画像教室 第2版

これも医学生の時に購入した本です。

シルエットサインやエアブロンコグラム、これらがどんな時に出てくるのか、どうやって出てくるのかまで読みやすく分かりやすい文章で書かれています。

カラーで見やすいのもポイントです。上級医から口頭試問された際にはこの本の知識で乗り切れましたし、「よく知ってるね」と褒められます。

ICU/CCUの薬の考え方・使い方

これは薬剤師の時に購入しました。

薬剤の使い分けだけではなく、病態や作用機序、治療方針まで記載されていてかなりお買い得です。

鎮痛薬、鎮静薬、筋弛緩薬、輸液、輸血、などなど。かなり分厚い本ですので私は通読できておらず、担当した患者さんの管理の際に辞書的に開いて勉強しています。

 


以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでも参考になれば幸いです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました