血液

作用機序

ワルファリンとヘパリンの違い

ワルファリンとヘパリンの違いについてまとめてみました! ヘパリン製剤には、未分画、低分子、合成の3つがありますが、単にヘパリンといえば未分画を指します。 一覧表 ワルファリン ヘパリン 作用機序 ...
作用機序

メトトレキサート投与で注意すべき項目は?

いろんな診療科で用いられる薬剤ですし、医師国家試験でも薬剤師国家試験でも問われやすい薬剤ですので、いろんな角度から眺めてみたいと思います。 有機化学 メトトレキサートの構造 葉酸の構造 メソトレキセート®錠2...
感染症

de novo 肝炎とは?

免疫抑制剤や、TNF-α抗体製剤やCD20抗体製剤など免疫を対象とした薬剤は、免疫力を強力に抑制し、関節リウマチや悪性リンパ腫を快方へ向かわせます。 ですが、根治しない感染症においてはウイルスや細菌の増殖を押さえ込んでくれている免疫を...
作用機序

ガザイバ®(オピヌツズマブ)の作用機序

中外製薬のオピヌツズマブ(商品名ガザイバ®)が平成30年の7月2日に承認されました。CD20陽性の濾胞性リンパ腫に適応を持っています。 そもそも濾胞性リンパ腫って? リンパ球のがんである悪性リンパ腫の1つで、約20%を占めています。 ...
ゴロ合わせ

抗血小板薬・抗凝固薬の休薬期間のゴロ・まとめ

抗血栓薬(抗血小板と抗凝固薬)の休薬期間についてまとめてみました。 以下のガイドラインを参照して作成しましたが、あくまでも目安です! 各病院で細かいところが異なっているため各病院の取り決めに従ってください。 参照したガイドライ...
作用機序

分子標的薬の命名法と覚え方

あらゆる領域のがんの治療に用いられる分子標的薬。名前が特殊で覚えにくいと思ったことはありませんか? その命名法がを記事にまとめてみました。 分子標的薬の分類 がん細胞が増殖する過程に関与している分子(タンパク質)を狙い撃ちする分子...
ゴロ合わせ

血液凝固カスケードのゴロや覚え方 ワーファリン®(ワルファリン)の作用機序

薬学生の方から凝固カスケードがわかりませんというお問い合わせをいただいたので解説してみました。 ついでにワーファリンの作用機序に絡めてみました。 ヘパリンとの違いについては ワルファリンとヘパリンの違い 凝固カスケード 一...
作用機序

HDAC阻害剤 イストダックス®(ロミデプシン)の作用機序

7月3日、セルジーン社の抗悪性腫瘍剤イストダックス®(ロミデプシン)点滴静注用10mgの製造販売承認が下りました。 何の疾患に適応があるのか? 適応は、再発または難治性の末梢性T細胞リンパ腫です。 末梢性T細胞リンパ腫は、悪性...
タイトルとURLをコピーしました