産婦人科

医療従事者に必須の知識

妊婦に使える便秘薬は?

私は薬剤師の頃から医療従事者向けのm3.comというサイトを使っているのですが、そこでこんなクイズがありました。 酸化マグネシウム以外で妊娠中でも処方できる下剤は? A.アミティーザ B.グーフィス C.センノシド D.大黄甘...
作用機序

ワルファリンとヘパリンの違い

ワルファリンとヘパリンの違いについてまとめてみました! ヘパリン製剤には、未分画、低分子、合成の3つがありますが、単にヘパリンといえば未分画を指します。 一覧表 ワルファリン ヘパリン 作用機序 ...
作用機序

メトトレキサート投与で注意すべき項目は?

いろんな診療科で用いられる薬剤ですし、医師国家試験でも薬剤師国家試験でも問われやすい薬剤ですので、いろんな角度から眺めてみたいと思います。 有機化学 メトトレキサートの構造 葉酸の構造 メソトレキセート®錠2...
スポンサーリンク
作用機序

リトドリンの作用・副作用

切迫早産の治療薬として用いられるリトドリン。その作用と副作用についてまとめてみました。 これまで産婦人科の門前で働いてましたが、知識が抜けないよう復習の意味で記事にしました。奥さんも張りが出てきたので知識の整理目的もあります。 リト...
作用機序

妊婦にアスピリンが処方されていたら何を考える?

妊婦さんの処方箋を見たときに、鎮痛剤が処方されていると少し警戒してしまいます。 なかでもアスピリンに関して記事にしてみました。 アスピリンは用量で主となる作用が異なる 100mg程度の低用量では、主に血小板のCOXを阻害し、血小板...
呼吸器

喫煙がリスクとなる疾患と覚え方

喫煙がリスクとなる疾患についてまとめました。 これらを覚える時には共通するメカニズムを探すとすんなり入ってきやすいです。 一覧 国立がん研究センター がん情報サービスより引用 <煙の通り道> 悪性腫瘍………咽頭...
医療従事者に必須の知識

妊婦・胎児に影響のある薬剤〜催奇形性と胎児毒性の違い〜

妊婦や胎児に影響があるために処方できない薬剤についてまとめてみました。 私は産婦人科の門前薬局で働いていたこともあるので頭に叩き込んだ記憶があります。解説も加えてみました。使用にあたっては最新の情報をご参照ください。 胎児に影響のあ...
作用機序

オラパリブ(リムパーザ®)の作用機序

アストラゼネカ社からオラパリブ(商品名リムパーザ)が2018年4月に販売開始されました。どんな作用機序、副作用があるのでしょうか? 名前の由来 poly ADP ribose polymerase inhibitor→parib 作用...
医療従事者に必須の知識

授乳婦に使える便秘薬は?

アメリカのように何か症状で困った際に薬局でセルフメディケーションするのを国は推進しています。 知らないことには対応できないので、聞かれた時にサッと答えられるように準備しておくのは重要なことですよね。 どれが使えますか? 薬剤師国家...
ゴロ合わせ

DNAウイルスの覚え方・ゴロ

薬学部でも医学部でも微生物学を習いましたが、どちらでも聞かれることは似てます。 それが「DNAウイルスはどれか?」というもの。 病理学ではDNAウイルスは主に核内封入体を形成しやすいため診断に有用です。 臨床的にはDNAポリメ...
タイトルとURLをコピーしました