脂溶性ビタミンの覚え方・ゴロ

スポンサーリンク
ゴロ合わせ

脂溶性と水溶性ビタミンを覚えると、過剰摂取となるかどうかが判断できるようになります。

それ以外にもメリットがありますので覚え方をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脂溶性ビタミンは4つだけ!

「4つだけ」ビタミンD、A、K、E

 

4つ:4つある

だけ:DAKE

耐容上限量

以上の4つは脂溶性のため体内に蓄積しやすいため水溶性ビタミンより摂取量に注意が必要です。そのため過剰摂取による副作用リスクが懸念される用量である、耐容上限量が設定されています。

ビタミンKとEにはほとんど過剰の心配はありませんので、問題となってくるのはAとDです。

ビタミンA過剰摂取:頭蓋内圧亢進→頭痛・嘔気・嘔吐

ビタミンD過剰摂取:Ca吸収亢進→高Ca血症→嘔気・嘔吐・異所性石灰化

(水溶性ですが、ビタミンB3、B6と葉酸にも設定されていますので注意!)

 

脂溶性ビタミン以外はすべて水溶性と考えればOKです。

 

国家試験で理解度をチェック!

第99回薬剤師国家試験 問122より引用

「日本人の食事摂取基準(2010年版)」において耐容上限量が設定されているビタミンはどれか。

1. ビタミンB1
2. ビタミンE
3. ビオチン
4. ビタミンC
5. ビタミンA

[su_spoiler title=”正解・解説はこちら” icon=”caret”]正解は2と5です。[/su_spoiler]


第113回医師国家試験 A8より引用

妊娠10週の尋常性乾癬患者に対する治療法で最も適切なのはどれか。

a 内服PUVA療法
b 生物学的製剤注射
c ビタミンA誘導体内服
d 活性型ビタミンD3外用
e 副腎皮質ステロイド外用

[su_spoiler title=”正解・解説はこちら” icon=”caret”]正解はeです。

内服とか注射よりも外用が体内に入る薬物量として少なくて良さそうですよね。その観点からはdかeとなります。

脂溶性ビタミンであるAとDは妊婦に投与すると脂溶性が高いために胎盤通過して胎児へ作用し、奇形を生じる可能性が高いです。

ステロイドは母体内からも産生されている物質で、安全性も確立しています。

よってeが正解。

[/su_spoiler]


以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました