アレルギー分類の覚え方

スポンサーリンク
免疫・膠原病

アレルギーは1型は△がメインで、2型は◯とか、最初のうちは覚えにくいですよね。

アレルギー分類の覚え方を記事にしてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

分類と覚え方

Ⅰ型Ⅱ型Ⅲ型Ⅳ型
名称即時型
アナフィラキシー型
組織障害型免疫複合型遅延型
ツベルクリン型
覚え方AnaphylaxisB(AntiBody)抗体メインComplex(複合体)Delayed(遅延型)
作用機序IgE、肥満細胞IgG、IgMIgG、IgM、IgA感作T細胞、Mφ
補体の関与なしありありなし
疾患例アナフィラキシー
蕁麻疹
気管支喘息
食物アレルギー
アトピー性皮膚炎
アレルギー性鼻炎
自己免疫性溶血性貧血
免疫性血小板減少性紫斑病
グッドパスチャー症候群
橋本病
Rh不適合妊娠
ADCC(抗体依存性細胞障害)
水疱性類天疱瘡
全身性エリテマトーデス
関節リウマチ
急性糸球体腎炎
IgA血管炎
クリオグロブリン血症
血清病
接触性皮膚炎
移植片対宿主病
ツベルクリン反応
類上皮細胞性肉芽腫
薬剤アレルギー
覚え方
1、2、3、4型の順にA、B、C、Dと当てはめる

こうすると、それぞれの型かどんな機序だったか確認することができます。

例えば、1型はAnaphylaxis(アナフィラキシー)で、該当する疾患もほとんどがAから始まります(気管支喘息=asthma)。

2型はAntiBody抗体が結合した相手を障害するので赤血球や血小板、血管、甲状腺が対象となります。

3型はComplex免疫複合体が全身に沈着し、その沈着先の血管、腎臓や関節を障害します。

4型はDelayed遅延型で、なぜ遅延なのかというと、Tリンパ球が感作されるまでに時間がかかるためです。

他の科目と繋げてみましょう

こういった基礎医学の知識って臨床医学とリンクすると理解が深くなります。

腎臓

例えば、糸球体疾患のうち補体価が低下する疾患はループス腎炎、PSAGN、MPGNが代表的でしたが、これらは3型アレルギーの項目に含まれています(正確にはMPGNの原因となるクリオグロブリン血症が記載されています)。

3型アレルギーは免疫複合体が血流にのって全身に散布され、各部位で補体を活性化してしまうため補体が消費されやすいと考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

血液・腫瘍

悪性リンパ腫に対して用いられる抗体製剤といえばリツキシマブが有名ですが、その作用にはADCC(抗体依存性細胞障害)が関与しています。

ADCCは抗体が結合した細胞に対して、マクロファージやNK細胞が呼び寄せられその細胞を障害することです。

これは抗体が関与して、抗体が結合した相手を破壊しているので2型アレルギーに分類されます。

膠原病

マムシに咬まれた際に血清を打ちますが、これはウマ由来の毒素抗体です。ウマ由来なのでヒトにとっては異物ですのでそれに対する抗体が作られます。これで免疫複合体が形成され、アレルギー反応が起こるのが血清病です。

一方、インフリキシマブはTNF-αに対するヒト/マウスのキメラ抗体です。

薬品名からキメラ抗体と読み解く方法はこちら
分子標的薬の命名法と覚え方

マウス由来の部分は異物なのでそれに対する抗体ができます。それにより中和抗体ができてしまうと薬の効果が出なくなってしまいますし、免疫複合体が形成されると投与することでアレルギー反応が起こってしまいます。

だからインフリキシマブを投与する際には、抗体が作られないようにメトトレキサートを併用するのでしたね。

国家試験問題で理解度をチェック!

医師国家試験 113E21

輸血開始1時間後に、発熱、悪寒および呼吸困難が出現し、血圧が低下した。
可能性が低いのはどれか。

a 輸血関連急性肺障害
b 異型輸血による溶血
c エンドトキシンショック
d アナフィラキシーショック
e 輸血後移植片対宿主病〈GVHD〉

[su_spoiler title=”正解・解説はこちら” icon=”caret”]正解はeです。

GVHDが遅延型アレルギーと分かれば、輸血して1時間で反応は起こらないので正解とわかります。[/su_spoiler]


以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでも参考になれば嬉しい限りです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました