ゴロ合わせ

COX-2選択的阻害薬のゴロ合わせ

2018年4月19日

日常的によく使われるNSAIDs。その中でもCOX-2を選択的に阻害する薬剤のゴロを作りました。

COX-2選択的阻害薬のゴロ合わせ

 

トド:エトドラク

メロン:メロキシカム

選んで:セレコキシブ(セレコの由来はセレクティブ)

 

COX-2阻害薬の注意点

炎症で誘導されるCOX-2だけを選択的に阻害することで胃腸障害が少ないと期待されて広く用いられているCOX-2阻害薬ですが、注意点もあります。

理解度を薬剤師国家試験問題でチェック!!

第97回薬剤師国家試験 問163より引用

非ステロイド性抗炎症薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

1 メロキシカムは、シクロオキシゲナーゼ2(COX-2)よりCOX-1に対して強い阻害作用を有し、胃腸障害を起こしやすい。
2 アスピリンは、COX-2をアセチル化により選択的に阻害するため、胃粘膜刺激作用は弱いが、ぜん息発作を誘発することがある。
3 ジクロフェナクは、強い抗炎症作用を有するが、中枢性の副作用は極めて弱い。
4 メフェナム酸は、生体内で活性型に代謝され、COX-2を選択的に阻害する。
5 セレコキシブは、COX-1とCOX-2に対し強い阻害作用を有し、心血管障害を起こしやすい。

答えは3。

ゴロからメロキシカムとセレコキシブがCOX-2阻害薬であることがわかりますので、1と5が間違っていることがわかると思います。

今回のゴロ以外の薬剤にはCOX−2を選択的に阻害する作用はないので、2と4も除外できます。

CATEGORIES & TAGS

ゴロ合わせ,

Author:

医学部へ学士編入した薬剤師です。医学や薬学について書いています。ご質問やご指摘があればお気軽にどうぞ。