作用機序

低カリウム血症で高血糖となるメカニズム

2018年3月8日

低カリウム血症でなぜ血糖が高くなるのか?インスリン分泌促進薬やSU薬の作用機序の復習にも繋がってくるところなのでしっかりおさえましょう。

まずはインスリン分泌のメカニズムを復習!

f:id:yashiki5296:20180308223919p:plain
レジデントノート増刊 Vol.19 No.11
「糖尿病薬・インスリン治療 知りたい、基本と使い分け」より引用

グルコースが膵β細胞にGLUT2を介して流入→解糖されクエン酸回路でATP産生→ATP感受性Kチャネルが閉鎖→K+が細胞外へ出られず、電位が上がり脱分極→電位依存性Caチャネル開く→Ca2+流入→インスリン分泌

低カリウム血症ではどうなるのか?

低カリウム血症では、細胞外=血管のカリウム濃度が下がっています。

そのため、ATP感受性KチャネルからK+が流出しやすく、膵β細胞の電位が上昇しにくくなります。

それにより脱分極できず、インスリン分泌が低下します。→インスリン作用低下によって高血糖となります。

また一方、インスリンの作用によってグルコースが細胞内に入る際にはK+も一緒に細胞内へ入る必要があります。

低カリウム血症ではグルコースが細胞内に入れないため、血管内のグルコース濃度が高い=高血糖になります。

低カリウム血症の基準値のゴロ

この記事を見て、血清カリウム濃度の基準値何だったっけとなった人のために、薬剤師国家試験の時に使ったゴロを紹介します。

三浪は困る→3.6~5.0mEq/L

利尿薬が低カリウム血症を引き起こしやすい

通常は、生体のホメオスタシスによってK+濃度は上記の基準値範囲内にコントロールされています。

低カリウム血症の原因で多いものとして、利尿薬の服用があります。利尿薬の服用によってK+濃度が低下します。

以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました。

少しでもお力になれたら嬉しいです。

CATEGORIES & TAGS

作用機序,

Author:

医学部へ学士編入した薬剤師です。医学や薬学について書いています。ご質問やご指摘があればお気軽にどうぞ。