アミティーザ・リンゼス・グーフィスの違い

スポンサーリンク
作用機序

ルビプロストン(アミティーザ®️)、エロビキシバット(グーフィス®️)、リナクロチド(リンゼス®️)の違いについてまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

一覧表

アミティーザグーフィスリンゼス
作用機序クロライドチャネルアクチベーター胆汁酸トランスポーター阻害グアニル酸シクラーゼC受容体アゴニスト
用法1日2回・食後1日1回・食前1日1回・食前
用法の理由空腹時投与で嘔気出やすい胆汁酸分泌前の方が効果大食後では下痢出やすい
副作用下痢(30%)
悪⼼(23%)、腹痛(6%)
腹痛(19%)
下痢(15.7%)
重度の下痢(頻度不明)
下痢 (11.6%)、腹痛(1.6%)
併用注意胆汁酸製剤、Al含有製剤
陰イオン交換樹脂
腎機能障害重度の腎機能障害
では1日1回から開始
肝機能障害中等度⼜は重度の肝機能障害
(ChildPugh分類B or C)
1⽇1回から開始
胆道閉塞や胆汁酸分泌低下
では効果が期待できない場合がある
妊婦への投与禁忌有益性投与有益性投与
薬価246.0円211.6円179.8円

こうしてみると、リンゼスは注意すべき相互作用や肝腎機能障害がなく、しかも安いため使い勝手が良い薬剤だとわかりますね。

一方、アミティーザは空腹時に服用すると嘔気の副作用が出やすいためこの中では唯一の食後投与になっています。プロスタグランジン誘導体のため妊婦には禁忌です。

グーフィスはその作用機序からすると肝疾患や胆道疾患があると併用薬の観点からも使いづらいです。投与初期には腹痛の副作用が出やすいのも特徴です。


以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました