リトドリンの作用・副作用

スポンサーリンク
作用機序

切迫早産の治療薬として用いられるリトドリン。その作用と副作用についてまとめてみました。

これまで産婦人科の門前で働いてましたが、知識が抜けないよう復習の意味で記事にしました。奥さんも張りが出てきたので知識の整理目的もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

リトドリンの作用

リトドリンはβ2刺激薬です。

β2刺激の後はGタンパクによって反応が進んでいきます。

Gタンパクについてもう忘れたよという方はコチラ
Gタンパク質共役型受容体とシグナル伝達 ゴロ
β2刺激→Gs→アデニル酸シクラーゼ→cAMP上昇→PKA活性化→ミオシン軽鎖キナーゼをリン酸化して不活性化→ミオシンとアクチンの滑り運動起こらず弛緩

 

この作用により、子宮平滑筋を弛緩させ、切迫早産の治療となるわけですね。

リトドリンの副作用

β2刺激薬ですが、心臓のβ1受容体にも作用してしまい、頻脈(動悸)が出ます。

骨格筋のβ2受容体を刺激することで振戦が起こります。

これらは頻度の高い副作用ですので、事前にしっかり服薬指導しておかないと妊婦さんは不安で飲まなくなってしまう恐れがあります。

耐性がつくためだんだん気にならなくなってきます。

低カリウム血症も起こります。

また、肝臓のβ2受容体を刺激することでグリコーゲン分解が促進し、血糖値が上昇します。

頻度はかなり低いですが、重大な副作用もあります。

汎血球減少

横紋筋融解症

これらの副作用を発見するためにも、出血傾向や貧血、倦怠感、筋肉痛などがないか定期的に問診したりしてチェックする必要がありますね。

国家試験問題で理解度をチェック!

第93回 看護師国家試験より引用

30歳の初産婦。妊娠32週、切迫早産のために入院した。痛みを伴わない3~4分周期の弱い子宮収縮が認められ、子宮口2cm開大であった。塩酸リトドリンの持続点滴静脈内注射が開始され、トイレと洗面以外はベッド上安静である。医師からは、現在の治療を2~3週継続すると説明された。

問題
起こりうる問題はどれか。
a.徐脈
b.膀胱炎
c.便秘
d.筋力低下

1. a,b
2. a,d
3. b,c
4. c,d

正解・解説はこちら
正解は4です。

a 誤 リトドリンはβ2刺激薬ですので、構造が似ているためにβ1受容体にも作用してしまい頻脈を引き起こします。

b 誤 リトドリンはβ1受容体にも作用してしまい、心拍出量、心拍数を上昇させます。そのため腎臓へ流れる血流も増加するため、尿量も増えることが予想されます。トイレには歩いて行っていい状態ですから尿意を我慢することもなく大量の尿で雑菌も洗い流されるため、膀胱炎にはなりにくいです。

c 正 リトドリンはβ2を刺激薬、つまり交感神経を興奮させる薬剤です。スポーツしている時を思い出していただくとわかりやすいかと思いますが、その時はあまり便意を感じないのではないでしょうか。交感神経が興奮していると副交感神経の作用である腸の蠕動運動は抑制され、便秘を惹起します。

d 正 β刺激薬はカリウムを低下させるのでした。そのため脱力が起こり、筋力が低下します。

 


以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました